遺留分の一覧

遺留分の放棄とは?相続の放棄との違いを踏まえて解説

兄弟姉妹を除く法定相続人には、民法上最低限の遺産取得割合である遺留分が認められていますが、この遺留分を請求するかどうかは権利者の意思にゆだねられており、放棄することもできます。 それでは、遺留分の放棄とはどのように行えばよいのでしょうか。同…

遺留分のない兄弟姉妹が相続権を主張することはできる?遺留分のない兄弟姉妹が相続権を主張することはできる?

被相続人の兄弟姉妹は第三順位の法定相続人ではありますが、被相続人が遺言で兄弟姉妹を受遺者としない内容の相続を決めた場合であっても、遺留分侵害額請求をすることは認められていません。 なぜ兄弟姉妹には遺留分が認められていないのでしょうか。 また…

遺留分侵害額請求されたとき―最善の防御策とは―

遺言書に基づいて相続手続きをしようとしたとき、他の相続人から「遺留分侵害額請求」なる手紙が届いた場合、どうすればいいのでしょうか。 今回の記事では遺留分侵害額請求されたときの防御策について、わかりやすく解説していきます。 当事務所では相続問…

遺留分侵害額請求とは―早めに弁護士に相談を―

遺言書に「特定の相続人に遺産をすべて譲る」とあれば、その他の相続人はしたがわなくてはいけないのでしょうか。 そういうわけではありません。 一定の範囲の相続人には、最低限の取り分である「遺留分」(いりゅうぶん)が法律で認められているからです …

相続トラブルから手続きのご相談まであなたの相続を「フルサポート」します!

0120-849-237
24時間受付中 メール相談フォームはこちら