遺産分割 依頼者 60代男性

非協力的な相続人との間において遺産分割審判手続きを経ることで有利な遺産分割成立となった事例

亡くなられた方
義母
相続人
養子(依頼者)、四男、三男の子(代襲相続人)
相続(遺産)
不動産、預貯金

ご依頼の背景

依頼人は、生前妻と一緒に被相続人の面倒を見ており妻が逝去後も被相続人の面倒を同居し献身的にみてきた。被相続人死亡後、被相続人名義の自宅に居住を希望し、他相続人に連絡をするも、疎遠であった三男の子が非協力的で交渉が難航したため、依頼となった。

依頼人の主張

被相続人の生前、代襲相続人とは何の交流もないにもかかわらず、非協力的であることやこのまま持ち分を主張されるのが納得いかない。

サポートの流れ

協力的な相続人(三男)に連絡をとり、協力を求め、相続分譲渡証書を取得した。非協力的であった代襲相続人に郵送や架電連絡をしたが、拒絶されつづけた。このため、家庭裁判所へ早急に遺産分割調停の申し立てを行った。

結果

相続分譲渡した相続人は調停手続きからの脱退をお願いし、脱退の手続きを家庭裁判所の中で正式に行った。

一方、代襲相続人は調停手続きには参加しなかったため、審判へ移行したが、審判書が届いた後に代襲相続人が初めて協議に応じるようになり、弁護士を代理人につけたため、代理人間にて交渉をおこなったところ、自宅不動産と預貯金を全て依頼人が取得、低額な解決金を代襲相続人に支払うことで和解成立となった。

その他の解決事例

相続トラブルから手続きのご相談まであなたの相続を「フルサポート」します!

0120-849-237
24時間受付中 メール相談フォームはこちら
トップへ